スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の十戒(小太郎編)

前回ジョーの話をしたがもう一匹印象に残ってる犬がいる。




その子の名は先代の小太郎




前の日記でも紹介したがこの子はドッグショーにも出れる子でフリスビーもやれる子


どんな事でもパワフルでいつもおとんを困らせてた。



小さい子が寄ってきたら目の前まで行きお座りして
『触りたいのだろ頭撫でていいぞ


小さい子の顔を見て待ってる



子供は小太郎の毛を握りしめて振り回す




絶対に痛いはずの小太郎はその場でじっとして我慢



親が急いで子供の手を離し、お礼を言われバイバイするのだが別れ際に小太郎が



『ワン
(痛かったぞコンチクショーまた撫でていいぞ



ジョー以上に優しい子やった。




しかし頑固さも天下一品



おとんに弱い所をみせません。




自分が正しいと判断したら殴られようが蹴飛ばされようが絶対に命令は聞かなかった



家にいる時もべったりとくっついてこない


甘えたい時は体の一部分をおとんに合わせてくるだけ




そんな元気で頑固な小太郎も老いがくる





白内障になり足腰も弱ってまともに歩けない


しかし日課の散歩は連れて行けと催促をする。





白内障で目が見えず、下半身には力が入らない状態だが匂いと経験だけで障害物を避けていく。




さすがに歩く事も出来なくなり、食事も一切とらなくなった…


しかし…



ドライフードは食べないが美味しい缶詰めのフードを口元に出すとクンクンと匂いを嗅ぎ食べる
(食い意地だけは相変わらずとおとんとおかんは笑った…)



お笑い犬の小太郎がみんなを笑わせてくれたのはコレが最後やった…




おかんに



『小太郎は頑固で俺にも弱い部分をみせないから死ぬ時は誰もいない時に静かに逝くよ
それが小太郎の愛情やと思う』




食事も水も一切取らなくなった…



おかんは仕事




おとんは仕事中に家へ戻り小太郎を看病





横になって動けなくなった小太郎が小さな声を出した



『くぅん』
(今までありがと もう逝くから早く仕事に戻れ すぐに戻ってくるから早く迎えに来るのだぞ)

おとんはこう聞こえた気がした。



『小太郎、これで最後やな。
早く戻ってこいよ。
絶対に戻ってこなかったら蹴っ飛ばすからな
必ず見つけてやる
今までありがと…』



時間が許されるギリギリまで一緒にいて会社にもどった。




『これでお別れかぁ…』





おかんは仕事を終わらせ早く家に戻ってくれた。





家を空けたのは30分ぐらい…





すぐおかんからメールが来たが読まなくても内容はわかった



『小太郎が死んでる…』








小太郎、やっぱり1人で逝きよったか…






早急に仕事を終え家に帰ってきたら小太郎が息をしてなかった…




頑固な暴れん坊め…



キレイな毛もボロボロやないか…



最後の最後まで自分を貫き通したな…




犬の死に対して感情を無くした自分

小太郎の死で取り戻した




初めて大泣きした…




体の一部が引き裂かれる感じがした…




小太郎は別れという心を治してくれた…






そして月日がたち、小太郎を探す時が始まる。





どこのショップやブリーダーさんの所に行っても小太郎はいない…




そして鵜方にシェルティがいると…




その店に入りシェルティを探すとすぐ目の前に…




シェルティに触れると懐かしい肌触り



まだお座りとか教えてもらってないシェルティがおとんとキチンとアイコンタクトする。


お座りのコマンドを出すとキチンとお座りをする

お手のコマンドを出すとキチンとお手をする。


目線は外さない



店員さんも躾もしてない子犬がキッチリとコマンドに従うのをみて驚いてた。



これは小太郎の動き




仕草も雰囲気もアホ面も同じ



小太郎、おかえり



また小太郎のいる生活が始まりました。




今の小太郎が先代小太郎の生まれ変わりです






また幸せな生活がもどりました。






最後に…




お願いがあります



ジョーのように心臓が止まってる子に命令はしないで下さい。







ジョーのように主人の命令に反応して再び心臓を動かすかもしれません。




それは苦しみから解放された子が再び苦しみに戻ってくるからです。
静かに話しかけてあげて下さい。


(私は思わず命令をしてしまいました)





もうこんな悲しいなら二度と犬を飼わないと思わないで



犬の寿命は10~15年ではありません。


優しい家族


幸せな時間


愛情をたくさん与えれば必ずその子は新しい命で帰ってきます


また新たな幸せな時間が始まります










小梅 小麦 小次郎 小太郎


またうちに帰りたいと思ってくれるようにいっぱい遊ぼうな






By おとん









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★先代小太郎★シェルティ  オス 13歳永眠

おとん・おかん

Author:おとん・おかん
小さい頃、コリーを飼うのが夢であった。しかし大型犬を飼うにはそれなりの設備と手入れが必要であり、なかなか飼う決心ができなかった。
何気にペットショップへ行った時、小太郎との出会いが…
今までたくさんのシェルティを見てきたがこれほど見事なフルカラーは見た事なく、一瞬で心を奪われてしまった。

小太郎と一緒にたくさんの場所であそび、たくさんの思い出を作ってきた…

山へ海へ…
船にも乗って一緒に釣りまでも…

すごく幸せで貴重な13年間でした。


13歳の冬にあなたは静かに息をひきとり天国へ行きましたね。

あなたの事は一生忘れない…


小太郎、お前の意志を継ぐ子がいるよ。

小梅 小麦 小太郎 小次郎

まだまだパワフルな小太郎には勝てないが、精一杯に頑張ってる子達の活躍を見てて下さい。


おとん

★小次郎★コリー      オス 13歳永眠
ペットホテルで置き去りにされたチャーリー君。 縁がありうちの子となり名前も小次郎に変更。普段はのほほんとしてるが大型犬には戦闘モード!特技はマーキング 人でも電柱でも何でもござれ。片足あげたらご注意を…おとん                        我が家に来てたったの4年だったけど、みんなを幸せにしてくれた小次郎に本当に感謝です。人にも犬にもすべてに好かれ、すべてを笑顔にする素晴らしい子でした。小次郎、ありがとう!お空でいっぱい遊んでね!・・・おとん、おかん
★小梅★ボーダーコリー  メス 6歳
    小太郎が天国に逝ってしまい、癒されたいとペットショップに行ったら小梅がいた。 抱っこしたら小さくてふわふわでかわいい! 手放せなくなって衝動買い! 甘えん坊だけど日々フリスビーを追いかけ走ってます。・・・おかん
★小麦★シェルティ      メス 6歳
    ペットショップに元気なシェルティのメスがいた。シェルティを飼うならオスがいいなとおとん・・・数ヶ月後ペットショップに行くと値下げされている。売れなかったら処分されると聞いたことがあり、おとんに報告。即購入!!今では我が家のお嬢様♥・・・おかん
★小太郎★ シェルティ オス 5歳
   先代の小太郎の生まれ変わり。 (行動がソックリ) フリスビーをキャッチする時の声 『ぎゃほん!』『はふぐっ!』 と奇声をあげるアホな奴… おとん
★軍神(マルス)★ボーダーコリー  オス 2歳

1年待っての念願の軍神。可愛い顔してわんぱく坊主。姉ちゃんたちに敬遠されるも「ボク、弟~!」と懸命にアピール!早く認めてもらってみんなで遊ぼうね!軍神がんばれ!!・・・おかん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
小梅と小太郎と軍神とおとんとおかん★その他小麦と小次郎★
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。